なぜ生理中はワキガがきつくなるのか?

普段は気にならなくてもなぜか生理中はワキガが気になる
という人は意外に多いものです。

なかなか人に相談できなくて悩んでいる人もいるようです。

 

では生理とワキガは何か関係性があるのでしょうか?

実はワキガはホルモンと関係があるといわれていて、
ホルモンの分泌量の変化によってワキガが強くなると考えられています。

 

女性の場合、生理前に黄体ホルモンが増加するため、
皮脂の分泌量が増えてワキガが強くなるといわれます。

また、体温が高めになって汗をかきやすくなり、
そのせいで雑菌が繁殖しやすくなることも原因だと考えられています。

 

その他、生理中は多くの女性が臭いに敏感になることもあり、
いつもよりも脇の臭いが気になるのではないかという意見もあります。

いずれにせよ生理中にワキガで悩んでいる女性は多く、
そのためワキガケアが大切になってきます。

 

基本的なケアとしては脇をいつも清潔にしておくことが挙げられます。

汗をかいたらこまめに拭いて清潔にしておきましょう。

時間があればシャワーで洗い流すとより効果的です。

 

それから脇汗パッドを使うこともおすすめです。

また、現在では様々なワキガケア用のデオドラント商品が
販売されていますので、自分に合ったものを購入して使う
というのも一つの方法です。